ブログ|日本料理ねね 熊本市 和食

オフィシャルブログ

【日本料理ねね】白甘鯛

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

酷暑と思いきや、今朝方の雷雨、季節の変わり目を告げるかのような出来事でした。ふと、外で耳をすますと、響く虫の音色も秋になってきました。食材も日毎に秋の様相を見せ始める季節となります。

さて、本日は白甘鯛をご紹介します。上記したように、この白甘鯛も秋から冬が旬の魚です。赤甘鯛と同じ種類ですが、スーパーなど、一般には流通しないとても貴重な魚です。味は格別で、とても上品で、ひたすら淡い味わいが全ての人を魅了します。

あまり手に入らない食材ですので、巡り会えた方はラッキーかもしれません!

日本料理ねね 店主  志水誉幸307F7CD0-8FDF-4161-A7EA-73589AD4DED7

【日本料理ねね】岩牡蠣

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

お盆も明け、いつもの熊本市内の風景にもどりましたね。皆様、お盆休みはいかがお過ごしになりましたか?ところで、甲子園は熊本工業高校が負けてしまい、少しばかり寂しい気持ちですが、なんとも素晴らしい試合でした。選手、保護者の皆様お疲れ様でした。

さて、本日は長崎県産の岩牡蠣をご紹介いたします。夏の牡蠣と言えば岩牡蠣!6月から9月にかけて水揚げされます。真牡蠣(冬の牡蠣)と比べると、見た目と身のサイズが大きいことが特徴です。口の中ではじける海の恵みが、なんとも例えようのない美味しさです!岩牡蠣を食べると他の牡蠣は食べれないと言うほどの美味で、ファンになる方が多い食材です!

日本料理ねねでは、お客様のリクエストに応じて、この岩牡蠣をご提供いたしますので、御予約の際にお申し付けくださいませ。※水揚げの状況次第ではご提供出来ない場合がございます。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10417809219596

【日本料理ねね】黒鴟尾梭子魚

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

お盆休み。皆様どのようにお過ごしでしょうか。お盆の時期に飛ぶ「とんぼ」の話を聞いたことはございますか?この時期に飛ぶ蜻蛉は、ご先祖様が蜻蛉に姿を変え、家に戻ってくるとのことです。皆様の家の近くを飛んでいる蜻蛉は、もしかするとご先祖様かもしれませんね。

さて、本日は黒鴟尾梭子魚(くろしびかます)をご紹介いたします。クロシビカマスは、昼間は水深500mの深海に生息、夜になると、150mまで浮上し、餌となる魚を捕食します。炭で焼いたような色をしていることから、「すみやき」と言われています。見た目はなんとも・・・ですが、食べるととても美味しい魚です。

日本料理ねねはお盆期間中も営業しております。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。身にこたえる暑さでございます。皆様ご自愛くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10378162745567

【日本料理ねね】関西旅

いつもお世話になっております。日本料理ねねでございます。

甲子園が開幕しましたね!高校球児の熱い戦いを楽しみながら応援したいとおもいます!

さて、8月4日から8月8日まで、お店を休ませて頂き、関西へいってまいりました。妻の故郷でもあり、私が日本料理を学んだ京都、そして大阪、滋賀、奈良と満喫させていただきました。京都では町屋を散策しながら、美味しいお料理をいただいたり、懐かしい場所を巡ったりと、原点に立ち返れた時間でした。大阪ではおいしいタコ焼きを食べ、奈良では人気のかき氷(予約制)を食べ鹿とたわむれ、滋賀では琵琶湖で遊び、子供たちと楽しい時間を過ごしました!

料理人として原点に立ち返ることで、新たな発想や、忘れていたものを思い出せ、心新たに本日より邁進してまいります!今後とも、日本料理ねねを宜しくお願いいたします。

本日の写真は、関西旅の一部をアップいたします!

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10336057926619

10336057774624
10349024403921 10349495379182

 

【日本料理ねね】

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

皆様の子供の頃、夏休みの楽しみって何でしたか?私はクワガタを採りに山へ行ったり、魚釣りに行ったりすることでした。そのクワガタ採りについて振り返ってみると、蛇や蜂などが沢山いたはずなのに、何の恐怖を抱くことなく、ズカズカと山を歩いたものです。今、同じ事をやれと言われたらできないですねー。経験と知識とは、役にもたつし、時に好奇心を抑制するのかもしれませんね。もしくは、楽しいと思う純粋な気持ちが恐怖感を圧倒してたのかもしれませんね。ふと、クワガタ採りの話をしていた中で感じた事です。

さて本日は「万願寺とうがらし」をご紹介いたします。京都府舞鶴市が発祥の京野菜です。通常の唐辛子に比べ、大きく肉厚で、甘みが強いことが特徴で、京都では「万願寺甘唐」とも呼ばれます。お肉料などとご一緒に提供することが多く、メインのお料理をしっかりと引き立てる役割を果たす、言わば、助演賞を獲得できるお野菜です!

8月がスタートしました!今月も宜しくお願いいたします。従業員一同、皆様のお越しをお待ちしております。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10316217901112

【日本料理ねね】鱶鰭

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

ここまで猛暑日が続くと、さすがに体の疲れが抜けなくなります。朝でも24℃程の気温で、涼しいと思える時間が、ほとんど無いような感じですね。皆様も熱中症などにならないようにご自愛ください。

さて、本日は気仙沼産の鱶鰭(フカヒレ)をご紹介いたします。気仙沼と鱶鰭の関係はとても古く、江戸時代末頃までさかのぼります。当時、乾燥させた海参(なまこ)・鮑・フカヒレの三種を中国へ輸出しており、中国では高級食材として扱われていました。その際俵詰めにしていたので、俵物三品と呼ばれておりました。また、その当時、この三品は、「金・銀・銅」の代わりに決済できる、大切な貿易の品だったとのこです。鱶鰭料理や干し鮑など、中国料理を想像しますが、昔から日本の食材が使われていた事に驚きます。

日本料理ねねでは、スッポンや九絵などでとったスープとともに鱶鰭をご提供しております。優しくもしっかりとした風味を楽しめるお料理でございます。皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げます。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10310377741941

【日本料理ねね】早松

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

8月3日4日は、火の国祭りですね!もうそんな時期かと、時間の移ろいの早さに驚いてしまいます。火の国祭りといえば総踊り!大勢の踊り子達の熱気を感じ、この夏も乗り越えていきたいですね!

さて、本日のブログは、いよいよ出始めた早松をご紹介いたします!

梅雨時期から初夏にかけて出てくる松茸を早松といい、本来の収穫時期である松茸に比べ、収穫量も多くはなく珍しい松茸です。味や香りは秋にでる松茸と変わらず、とても風味豊かです。

日本料理ねねでは、松茸の旨さを存分に楽しんでいただけるお料理をご提供してまいります。一足先に松茸の香りをお楽しみにくださいませ!

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10301438564407

【日本料理ねね】北海の産物

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

昨日は35.1℃とかなり猛暑になりましたね。夏本番になった直後から、こんなに暑いと先が思いやられます…。豆知識ですが、キュウリは夏に食べると体を冷やす効果があります。お昼ご飯やおやつの時に食べるといいですよ!

さて、本日は北海道産の牡丹海老と、青森産の岩海蘊をご紹介いたします。牡丹海老は噴火湾(内浦湾)でとれたもので、子持ちのものとなります。岩海蘊は、岩に生息する海蘊(もずく)で、磯の風味が豊富で、しゃきしゃきとした食感が強いです。牡丹海老の特徴でもある甘さを活かしつつ、昆布〆にする事で、よりいっそう旨味を引き立たせます。海蘊は、酢で和えた後、酢橘を一絞りし爽やかさを加えます。昆布〆した牡丹海老の旨味とサッパリとした岩海蘊が、暑さで疲れた体にスッと入り込む一品にしあげております。

夏バテ予防をサポートするお料理もご提供してまいります。是非、ご来店くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10295648865042 10295648495593

【日本料理ねね】この時期?

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

昨日の甲子園熊本県予選 九州学院vs熊本工業の試合!凄かったですね。野球をやっていない者をも魅了する素晴らしい試合でした。優勝した熊本工業高校の皆様、本当におめでとうございます。また、見ている者に興奮と感動を与えてくれた九州学院高校の皆様、ありがとうございました。一生懸命にプレーする高校球児の姿にに元気を分けてもらいました。甲子園での活躍を心より祈念いたします!

さて、本日は熊本県宇土産の新銀杏をご紹介します。銀杏と言えば、秋を想像されると思います。どちらも同じ銀杏ですが、何か違うと思いませんか?この時期の銀杏は緑色をしています。秋に獲れるものは、木から落ちたものを収穫しますが、この時期の銀杏は木についているものを収穫します。その為、銀杏自体が若く、瑞々しくしゃきしゃきとした食感が特徴です。獲れる時期によって色味も味も違う銀杏。日本料理ねねでは、工夫を凝らしたお料理としてご提供いたします。どのようなお料理が出るのか!お楽しみにご来店くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10281303788694

[日本料理ねね]蓮

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

やっと明けましたね!「梅雨」。長く感じますが梅雨入りが遅かったので、実際は平年並みとのことです。梅雨入りも歴史的に一番遅く、梅雨明けも平年以上に遅かったみたいです。さて夏本番!皆様はどうお過ごしになるのでしょうか!

さて、本日は少し珍しいしょくざい「蓮」についてご紹介いたします。蓮といえば、地下茎の蓮根が知られていますが、花も葉も茎も根も全て食べることができます。花は、香りがよくお茶として、また、よい香りを活かして様々な食べ物の香り付けにつかいます。葉は、細かく刻みご飯などと炊き込むことがあり、茎はしゃきしゃきした食感を活かした料理に使ったりします。見て美しく、食べて美味しい植物です。ちなみに、蓮の花言葉をご存知でしょうか?答えは「清らかな心」です。私も清らかな心でお客様と向き合ってまいりたす!

日本料理ねねでは、珍しい食材も、しっかりと日本料理としてご提供し、皆様に驚きをご提供して参りたいとおもいます。

是非、お楽しみにご来店くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10269654789824