ブログ|日本料理ねね 熊本市 和食

オフィシャルブログ

【日本料理ねね】乾し海鼠

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

あれほど梅雨はイヤだと言ってきましたが、ここまで雨が降らないと少しばかり心配になってきます…。天気予報では、明日から連日の傘マーク。水不足が解消することを願ってます!通勤通学される皆様は気をつけてくださいね!

さて、本日は能登産の乾し海鼠(ほしこ)を紹介いたします。なかなか聞いた事がないと思いますが、海鼠(なまこ)の卵巣に塩をし手作業で干したものです。30-50匹ものナマコの卵巣から1枚の乾し海鼠ができ、その型が三味線のバチに似てるため、別名を「ばちこ」とも言います。高級珍味で、生産者も不足しており最近では、なかなか手に入らない食材です。

この乾し海鼠を炙り、日本酒とともにお召し上がりいただくと、至福の一時と言えるかもしれません!

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10101465066200

【日本料理ねね】新蓮根

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

今日は、前々から行きたい!と思っていた鰻料理屋に行ってきました。熊本地震で店舗が被災し、一度、閉店されたのですが、今年の5月末に再オープンされました!感想はと言うと…「旨すぎて言葉になりません(涙)」。おごちそうさまでした。

さて、本日は熊本沖新産の新蓮根です。蓮根は蓮の肥大した地下茎で、古くは710年代の常陸(現在の茨城県)で蓮が食べられていたそうです。現在の品種は鎌倉時代に日本に入った品種が土着し在来品種となったようです。ちなみに、熊本は蓮根の生産量が多い地域です。

輪切りにすると、多数の穴が開いており「先の見通しがきく」として、正月などの縁起物の野菜となっています。

シャキシャキした歯応えが食欲を誘う蓮根!日本料理ねねでは、趣向をこらし、様々な形(料理)でご提供いたします。蓮根料理をお楽しみに!

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10078843971126

【日本料理ねね】伊佐木

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

今日は、前々からやろうと思っていたことを実現させました!それは…自転車通勤!新鮮な朝でした!と言いたいところですが…こんな日に限って気温は30度超え…暑かったですねー。

さて、本日は今が旬の熊本県産の伊佐木(イサキ)をご紹介します。!何故載せるかというと…なかなか手に入らないほどの大物で、個人的に嬉しくなりました!通常の伊佐木は300g程ですが、今回仕入れた伊佐木は、な…なんと1200g(1.2kg)!とにかくデカイッ!そして、この大きさの伊佐木は脂ののりがとても良く、味も格別です!

本日は、この伊佐木を昆布〆し、炙った後、イギリスのマルドン塩をふり、酢橘を添えてご提供いたします。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10072438017737

【日本料理ねね】一品

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

昨夜は新潟で最大震度6強の地震がありました。最近は日本全国で大きな地震が勃発しており、どこにいても油断はできませんね。被災された方の一日も早い復興を心より祈念しております。

さて、本日は、奈良県産の丸茄子と熊本県産の豚肉を使ったお料理をご紹介いたします。5時間程、オカラでもどし、柔らかくした豚肉と丸茄子を焼きあご(トビウオ)で炊きあげ、優しくしっとりとした味付けに仕上げました。器全体の味付けは、出汁を使い、それぞれの素材の旨味を活かし、優しくもしっかりとした味付けにしており、お好みの量の山椒唐辛子をお出汁に馴染ませお召し上がりください。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10068957329066

【日本料理ねね】ヤイト鰹

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

雨がやみ涼やかな風が漂い、なんとも気持ちいい夕方でしたね。通年この時期は、終日ジメジメした日が続くイメージですが、こんな梅雨ならあってもいいかもと思ってしまいます。

さて、本日は熊本県産のヤイト鰹を紹介します。名前を知らない方も多いかとおもいますが、しっとりと甘く「戻り鰹を凌ぐうまさ」と称されます。皮目の脂ののりも抜群によく、口全体にヤイトワールドが広がり至福の味わいです!私個人としては、魚の中で群を抜いた美味さだと思います。

お造りで良し、焼いて良しの「ヤイトワールド」を日本料理ねねにてお楽しみ下さいませ!

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10063550671832

【日本料理ねね】鱧

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

最近知った話ですが、お酒を飲んでいる最中、若しくは、飲んだ後に頭が痛くなることなどがありますが、それは体内の糖分が不足しているからだとか…。お酒を飲むときは、たまに、甘味を摂るといいそうですよ。聞いた話なので、あくまで参考程度に!

さて、本日は、夏の海の幸、「鱧(ハモ)」を紹介いたします。鱧は鰻の仲間で、大きさは最大で2メートルを超えるものもいます。熊本の食卓では、あまり見かけませんが、なんと、熊本は鱧の水揚げ量が多い地域なのです。熊本県産の鱧は、良質で味も良く、様々な地域へ出荷されています。

京都では夏を代表する魚です。日本料理においても、この時期には欠かせない食材の1つです。ちなみに、鱧料理の一つに「湯引き」がありますが、京都では「鱧のおとし」といいます。

日本料理ねねでは、鱧のおとしをはじめ、お造り、焼き物など、様々な料理としてご提供いたします。魚編に豊で鱧。その名の通り、豊富な使い道がある食材です。是非、この時期は、日本料理ねねの鱧の七変化をお楽しみ頂ければと思います。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10038633311236

【日本料理ねね】丸なす&あか牛

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

この歳にして初体験…それは、毛虫に刺されるという、なんとも悲しい初体験でした。とにかく痒い!辛いくらい痒い…とうとう病院にいってきました。皆さんも毛虫にはご注意ください…

さて、本日は奈良県産の丸なすと熊本県産のあか牛のご紹介です。茄子は見栄第一と言われる野菜です。その中でも丸なすは特に美しく「黒紫の宝石」と称されます。普通の茄子とくらべ、肉質がきめ細やかでよくしまっており、煮崩れしにくいことが特徴です。また、とてもジューシーでえぐ味が少なく美味しい茄子です。

そして、熊本県産のあか牛!赤身とサシのバランスがよくヘルシーで、甘みもあり、とたも美味しい牛肉です。昨年GI(地理的表示保護制度)にも認定され、熊本を代表するブランド牛となりました。

日本料理ねねでは、丸なすとあか牛を使い、「すき焼き」としてご提供いたします。夏にすき焼き?と思うかもしれませんが、サッパリと仕上げていますので、食欲をそそる一品と言えます。ぜひ、夏のすき焼きをご堪能くださいませ!

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10033591138470 10033636516377

【日本料理ねね】白ダツ

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

仕事がら買い付けなどで早朝より活動しているのですが、朝はとても涼しく過ごしやすいのですが、昼間は、日陰がとても有難く思えるほど暑い…。もう少しバランス良くならないものですかねぇ…。

さて、本日は愛知県産の「白ダツ」をご紹介します。なかなか聞き覚えのない食材だと思いますが、別名を「白ずいき(芋茎)」ともいいます。海老芋や里芋などの葉柄で、日が当たらないようにして育てられたものです。シャキシャキした食感が特徴で、日本料理ではしばし登場する食材です。

日本料理ねねでは、白ダツに鯵の酢〆を添え、土佐酢をかけてサッパリとお召し上がりいただけるようにお料理いたします。是非、お召し上がりくださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10029070337854

 

【日本料理ねね】やまのいも

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

週末はいかが過ごされたでしょうか。私は庭の草取りをしていました。暑かったですね!

さて、本日は京都丹波産の「やまのいも」を紹介いたします。自然の山に生息する自然薯や、球形のヤマトイモ、円筒形ナガイモ群、扇状状にひろがるイチョウイモなどの総称です。丹波産のヤマトイモを「やまのいも」、「つくね芋」と呼びます。

円い形なので縁起物としても取り扱われます。市販の山芋と違い、とても強い粘りがあります。

日本料理ねねでは、やまのいもを夏らしく涼やかに食べていただけるように、とろろ状にし、蓴菜をまじえ、粘りけを楽しみながらも、サラッと食べれる一品にてご提供いたします。

滋養強壮にもよいやまのいもを食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10015561976514

【日本料理ねね】大紋羽太

いつもありがとうございます。日本料理ねねです。

昨日からの雨で、今日は少しだけ蒸し暑さが和らいだような気がしますね。週末にかけては天気も回復するみたいで良かったです。

今日は熊本県天草産の大紋羽太(オオモンハタ)を紹介します。成魚になると体に黄褐色から褐色の円い斑点が分布していることが名前の由来てす。白身でとても美味しく、刺身や煮付けなど、幅広い料理に使われます。

日本料理ねねでは、大紋羽太の洗いを梅肉で召し上がって頂ければと思います。ご来店をお待ちしております。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

9999278550652