オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2019年7月

【日本料理ねね】早松

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

8月3日4日は、火の国祭りですね!もうそんな時期かと、時間の移ろいの早さに驚いてしまいます。火の国祭りといえば総踊り!大勢の踊り子達の熱気を感じ、この夏も乗り越えていきたいですね!

さて、本日のブログは、いよいよ出始めた早松をご紹介いたします!

梅雨時期から初夏にかけて出てくる松茸を早松といい、本来の収穫時期である松茸に比べ、収穫量も多くはなく珍しい松茸です。味や香りは秋にでる松茸と変わらず、とても風味豊かです。

日本料理ねねでは、松茸の旨さを存分に楽しんでいただけるお料理をご提供してまいります。一足先に松茸の香りをお楽しみにくださいませ!

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10301438564407

【日本料理ねね】北海の産物

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

昨日は35.1℃とかなり猛暑になりましたね。夏本番になった直後から、こんなに暑いと先が思いやられます…。豆知識ですが、キュウリは夏に食べると体を冷やす効果があります。お昼ご飯やおやつの時に食べるといいですよ!

さて、本日は北海道産の牡丹海老と、青森産の岩海蘊をご紹介いたします。牡丹海老は噴火湾(内浦湾)でとれたもので、子持ちのものとなります。岩海蘊は、岩に生息する海蘊(もずく)で、磯の風味が豊富で、しゃきしゃきとした食感が強いです。牡丹海老の特徴でもある甘さを活かしつつ、昆布〆にする事で、よりいっそう旨味を引き立たせます。海蘊は、酢で和えた後、酢橘を一絞りし爽やかさを加えます。昆布〆した牡丹海老の旨味とサッパリとした岩海蘊が、暑さで疲れた体にスッと入り込む一品にしあげております。

夏バテ予防をサポートするお料理もご提供してまいります。是非、ご来店くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10295648865042 10295648495593

【日本料理ねね】この時期?

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

昨日の甲子園熊本県予選 九州学院vs熊本工業の試合!凄かったですね。野球をやっていない者をも魅了する素晴らしい試合でした。優勝した熊本工業高校の皆様、本当におめでとうございます。また、見ている者に興奮と感動を与えてくれた九州学院高校の皆様、ありがとうございました。一生懸命にプレーする高校球児の姿にに元気を分けてもらいました。甲子園での活躍を心より祈念いたします!

さて、本日は熊本県宇土産の新銀杏をご紹介します。銀杏と言えば、秋を想像されると思います。どちらも同じ銀杏ですが、何か違うと思いませんか?この時期の銀杏は緑色をしています。秋に獲れるものは、木から落ちたものを収穫しますが、この時期の銀杏は木についているものを収穫します。その為、銀杏自体が若く、瑞々しくしゃきしゃきとした食感が特徴です。獲れる時期によって色味も味も違う銀杏。日本料理ねねでは、工夫を凝らしたお料理としてご提供いたします。どのようなお料理が出るのか!お楽しみにご来店くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10281303788694

[日本料理ねね]蓮

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

やっと明けましたね!「梅雨」。長く感じますが梅雨入りが遅かったので、実際は平年並みとのことです。梅雨入りも歴史的に一番遅く、梅雨明けも平年以上に遅かったみたいです。さて夏本番!皆様はどうお過ごしになるのでしょうか!

さて、本日は少し珍しいしょくざい「蓮」についてご紹介いたします。蓮といえば、地下茎の蓮根が知られていますが、花も葉も茎も根も全て食べることができます。花は、香りがよくお茶として、また、よい香りを活かして様々な食べ物の香り付けにつかいます。葉は、細かく刻みご飯などと炊き込むことがあり、茎はしゃきしゃきした食感を活かした料理に使ったりします。見て美しく、食べて美味しい植物です。ちなみに、蓮の花言葉をご存知でしょうか?答えは「清らかな心」です。私も清らかな心でお客様と向き合ってまいりたす!

日本料理ねねでは、珍しい食材も、しっかりと日本料理としてご提供し、皆様に驚きをご提供して参りたいとおもいます。

是非、お楽しみにご来店くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10269654789824

 

【日本料理ねね】この魚の季節です

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

ここ最近、世間では吉本興業とジャニーズの話題で持ちきりですね。大企業ともなると大変なんですね。また、7月も終盤になるというのに、梅雨空が続いており、日照不足や冷夏が問題になっていますが、私たち、旬を扱う料理人にとっても他人事ではございません。明るい話題や元気になる話題が世間を賑わせる毎日になることを願うばかりです。

さて、世間話は暗い話題が多いのですが、日本料理ねねでは美味しい話題をご提供していけるように頑張ります。

本日は、熊本県天草産の真鯵(マアジ)をご紹介いたします。天草では通年を通して漁獲される真鯵。しかし、この夏に旬を迎える真鯵はとても美味しく、天草周辺で育った真鯵は身が引き締まっており、格別なものと言えます。全国では「あまくさあじ」としてブランド化されています。お造りは勿論、様々なお料理に使っても主役をはれる程、最高の美味さです。

日本料理ねねでは、真鯵の魅力を最大限お届けできるように、趣向を凝らしご提供いたします。夏が旬のマアジ!!どうぞ、この機会にご賞味くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10261028086022

【日本料理ねね】赤雲丹

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

朝から雨が凄かったですね。通勤途中の坪井川はもう少しで氾濫するのでは、と思うくらい水量が増えていました。7月も後半にさしかかり、梅雨明けを心待ちにしているこの頃です!

さて、本日は鹿児島県長島産の赤雲丹をご紹介いたします。紫雲丹との違いは、外見の色と生息する場所です。前者については読んで字のごとく赤か紫の違いです。後者は、赤雲丹は紫雲丹よりも水深の深い場所に生息します。関東以北では幻の雲丹とよばれるように、西日本以外にはあまり出荷されません。収穫期が7月から10月半ばまでと決まっているため、該当する時期が一番美味しい時期となります。紫雲丹よりも甘みが強く、苦みもなく、濃厚でクリーミーな磯の風味が口いっぱいに広がります!

日本料理ねねでは、赤雲丹を有明海産の海苔とともにお召し上がりいただき、夏の海のファンタジーをお楽しみください。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10256011020512

【日本料理ねね】鱧料理

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

熊本の夏といえば火の国祭りがありますね。今年は8月3日くらいにあると聞きました。ちなみに、私が日本料理を学んだ京都の夏といえば祇園祭がございます。歴史ある祭りで大勢の人が見物に来られます。また、祇園祭は別名を鱧祭ともいい、この時期に沢山の鱧を使ったお料理を食すことを表しています。

さて、本日は、前文にちなみ、日本料理ねねの鱧料理の一つをご紹介いたします。「焼鱧」。酒、味醂、濃い口醤油、焼いた鱧の骨を煮合わせてタレを作り、鱧は骨切りをした鱧を焼き上げ、タレと合わせます。見た目はうなぎに似ていますが、味は、鱧の骨から染み出した旨味が、他の調味料と混ざり合い、シンプルながらも、上品で濃厚な味つけとしております。夏バテしやすいこの時期に、食欲をそそる一品に仕上げております。

ぜひ、この時期は、日本料理ねねの鱧ワールドを堪能いただければと思います。皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10235084637276

[日本料理ねね]夏の茶碗蒸し

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

宇宙では「はやぶさ2」が大活躍していますね!「小惑星りゅうぐう」の調査調査ミッションを担うはやぶさ2。地球から約2億5千万光年離れた場所にいて、なんと地球からの指令に14分かかるとのこと。今回、りゅうぐうに着陸する際は、悪天候で、臨機応変なオペレーションが必要だったため、指令をとばす時間を考慮し、はやぶさ2が単独で行動する「自律モード」で行われたそうです。最先端の技術に驚かされますね。私も、温故創新の気持ちで精進いたします。

さて、本日は茶碗蒸しをご紹介いたします。とはいっても、温かい茶碗蒸しではございません。雲丹と叩きオクラを使った冷やし茶碗蒸しです。夏にスルッと食べていただけますし、雲丹の濃厚で上品な旨さが食欲を誘います。

この時期限定の一品「雲丹と叩きオクラの茶碗蒸し」。お楽しみにご来店くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10193520362222

 

【日本料理ねね】芽生姜

いつもお世話になっております。日本料理ねねでございます。

先日ブログでご紹介しました「メゾンrococo~クラフトビール~」。おかげさまで初回の仕入れ分は即なくなりましたが、本日、再入荷予定です!本数に限りがございますので、来店された際は、是非、お召し上がりください。

さて、本日は熊本県宇城産の芽生姜(めしょうが)を紹介いたします。芽生姜とは、生姜から生えた新芽の部分です。ジャガイモの芽には毒がありますが、芽生姜にはありませんのでご安心ください。市販されている生姜から芽がでていることは、ほぼありません。ごく稀に見つけることができます。芽が出ている生姜は元気な証です。味はエグミや苦みもなく新生姜に似ています。

日本料理ねねでは、この時期に合うよう、サッパリとした酢漬けにしてご提供いたします。お楽しみにご来店くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10177842517073

【日本料理ねね】無花果の…

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

夏と言えば素麺!皆様は素麺を食べる際に生姜などの薬味は何をいれますか?私は必ずと言って言いほど山椒唐辛子をいれます。山椒の風味とピリッとした唐辛子がアクセントとなり、素麺がたまらなくすすみます。機会があればお試しください。

さて、本日は自家製無花果のシャーベットをご紹介いたします。日本料理ねねでは、無花果を使った様々なお料理をご提供しておりますが、今回はデザートとしての無花果です。しっとりとした中に、シャリッとした種の食感が混ざり合い、風味豊かな自然の甘さが口いっぱいに広がります。お食事を楽しんでいただいた後に、お口直しとして召し上がっていただきたくご提供させていただきます。お楽しみにご来店くださいませ。

日本料理ねね 店主 志水誉幸

10181364321737 10181426739257