オフィシャルブログ

【日本料理ねね】花山椒

Share on Facebook
LINEで送る

いつもありがとうございます。日本料理ねねでございます。

本日は、花山椒について書かせていただきます。山椒には、実山椒と花山椒がございます。中国料理などで使われる花椒(「かしょう」別名を中国山椒)という山椒もありますが、これは日本の山椒とは同属異種となり別物です。

さて、冒頭の三種の山椒の違いは…収穫の時期です!山椒には雄株と雌株があります。どちらとも4月頃に花を咲かせますが、花山椒として主に使われるのは雄株の花です。雌株の花は5月~6月にかけ実となります。ちなみにこの時期の実は緑色で、京都などではちりめん山椒などの材料となります。

花山椒の話に戻りますが、実山椒よりも芳香、辛みとも控えめで、お吸物など、ちょっとしたアクセントに使うことが多くあります。このちょっとしたアクセントがメインの素材をしっかりと引き立てる役割を果たしています。

山椒は桜が咲くこの短い期間のみ花をつけます。従って収穫時期も限られており、ほんの僅かな間のみ味わえる春の味覚です。肉料理や魚料理はもちろん、様々なお料理にも合います!

春らしい爽やかな香りを楽しまれてみてはいかがでしょうか!

日本料理ねね 店主 志水誉幸

9681713225565